Enter search term:

S/4HANAの

選択データ移行

最大限の付加価値と高速性で最新SAP標準を実現

SAP S/4HANA への移行は必須です。しかし、5年から6年かかるコスト高騰のメガプロジェクトを実施する余裕のある企業はありません。 時間は重要な要素です。 したがって、重要な問題はプロジェクトをどのように加速できるかということです。 現在、多くの企業がSAP S/4HANAへの最適な道のりを決定するという大きな課題に直面しています。 SAP社は標準で2つのオプションを提供しています。新しいグリーンフィールドの実装または既存のシステムのアップグレード/変換(ブラウンフィールド)です。 両方に欠点があります。完全に新規導入する場合は複雑すぎて、5年から10年かかり、最終的に失敗する可能性が高い困難なプロジェクトになるリスクがあります。 純粋なアップグレードは、効率の向上や付加価値を提供せずに、費用がかかります。

YouTube

By loading the video, you agree to YouTube’s privacy policy.
Learn more

Load video

S/4HANAの選択データ移行の理由

時間の大切さ

スピードは重要です。企業は、さらに重要なことを実行できなくなるような長いロードマップに苦労しています。 あなたの会社にとって本当に重要なことは何ですか? S/4HANAの移行にどのくらいの時間を費やすことができますか?

デジタル化を

サポート

デジタル化は、すべての企業にとって絶対に負けられない戦いです。それは、いかにしてERPの境界を合理化してランドスケープ全体にわたってシームレスなエンドツーエンドのプロセスを生成するかとういうことです。では、他の場所で見つかる可能性があるのに、なぜERPプロセスの完成に時間を費やすのでしょうか?

戦略的焦点

重点的に実施することがプロジェクトの重要な成功要因であると考えています。したがって、すべての領域、機能、およびレベルの関与とアクティブ化が必要な完全な状態に到達しようとするのではなく、焦点を絞ったアプローチをお勧めします。これが既存の組織から素晴らしい結果を得る最良の方法です。

アジリティ

(俊敏性)

アジャイルの観点から見ると、S/4HANAの選択データ移行オプションは最低限で実行可能な製品と言えます。つまり、到達可能でフィードバックサイクルも速く、野心的でもあるからです。全てを再開発するのではなく、重要な課題を中心に検討する80/20アプローチをお勧めしています。

コスト

コストは意思決定の重要な要素であることは周知の通りです。さらに重要なのは、費用便益比です。他のオプションと比較して、より良いコスト効率とより良い結果が見られ、選択データ移行アプローチのコスト/利益比の大幅な増加につながります。

プロジェクト経験

SLECTIVE(選択データ移行)アプローチは、お客様のVIESSMANN社などの大規模なS/4HANA変換プロジェクトで実証されています。産業会社における世界最大のS/4HANAグローバル本稼働を支援したのです。従来のアプローチではまだ実現していません。

SAP S/4HANAへの移行は、多数の大企業にとって大きな チャンスです。しかし、それはまた重大な課題になる可能性が あります。 改善を成し遂げる上で障害が生じる可能性があるにもかかわ らず、企業として既存のERPインフラへの長期投資を維持す べきでしょうか? あるいは、新しい環境を利用するため、これに伴うすべての混 乱と潜在的な損失を受け入れ、すべてを置き換えるべきでし ょうか? 明らかに、両方とも問題があります。
download icon

妥当な時間内で付加価値を高めるには

cbs社ではすでに市場で確立している代替ルートをご提供いたします。プロセスレベルで付加価値を付けることを目的としており、 グリーンフィールドアプローチのように全面的にではなく選択データ移行方法です。

SAP S/4HANAの選択データ移行のカスタマイズされたアプローチは、選択プロセスの再設計と選択データ移行を組み合わせて、プロジェクトの実装時間を最大50%短縮します。企業はイノベーションへの迅速なアクセスを享受し、プロジェクトの迅速な実施により早期の投資対効果も確認できます。これは、世界中の上位2,000社のSAPのお客様に推奨されるSAPの移行アプローチです。

企業に大切なプロセスをSAPのインストールに依存している国際的な企業や大企業にとって、SAP S/4HANA への選択データ移行に代わるものは実際にありません。これは、変革が経済的に実行可能であり、許容可能な時間にイノベーションを実現できるようにする唯一の方法です。
ホルガー・ボック
常務取締役/cbs社アジア太平洋地区

cbs ETはトランスフォーメーションのドライバー

革新的な選択データ移行アプローチを実装するには、cbs ET Enterprise Transformerなどの専用なソフトウェアが必要です。cbs ETは変革を推進するだけでなく、その成功を確実にするのにも役立ちます。これまで、グローバルな変革においてその価値を証明したのは、世界で最初の標準ソフトウェアです。シームレスなViessmann社の本稼働中に、34カ国の合計28の生産ユニットと7全世界78の販売組織がSAP S/4HANAに移行されました。300億件のデータレコードがビッグバンの稼働中に正常に転送されました。cbs ETには技術的な制限はありません。エンドツーエンドのソリューションにより、データをさまざまなSAP ERPソースリリースからSAP S/4HANAに制限なく直接移行できます。さらに、システムのダウンタイムを最小限に抑えることができるため、運用を通常通り継続でき、数百万の収益損失を回避できます。

SAP S/4HANA 選択データ移行エンゲージメント

cbs社は、SAP社のSAP S/4HANA® Selective Data Transition Engagementコンミュニティの創設メンバーです。この専門コミュニティはSAP社と協力して変換を処理するためのグローバル標準、移行ルーチンを作成しています。この専門知識のプールにより、高いレベルの方法論および技術的品質が保証され、SAP S/4HANAへの移行が成功へと導かれます。戦略的パートナーシップの主な目的は、SAPの新しい世界への複雑な移行を行う企業をサポートすることです。

担当者

詳細なご相談には直接お問い合わせください:

ケタラー・クリスチアン (Christian Ketterer)
代表取締役
cbs Corporate Business Solutions Japan