Suchbegriff eingeben:

システム・ランドスケープ・トランスフォーメーション

設計から技術的な実装までのエンド・ツー・エンドのソリューション

cbs Enterprise Transformer®を使用したSLOサービス・プロバイダとして、お客様のSAPシステム変更の実装をサポートします。

1. プロセス・コンサルティング

2. データ変換サービス

home/Software/Lösungen/cbs ET

3. 独自開発のソフトウェア – cbs Enterprise Transformer®

SAPのコンサルティングとトランスフォーメーションをグローバルに提供する唯一のフル・サービス・プロバイダーとして、上記のすべてを提供します。ただし、コンサルティングは、特定の状況に応じて、パートナーやお客様から提供されることも可能です。また、大企業やパートナーの皆様には、cbs Enterprise Transformer®のライセンスをご購入いただき、単独でデータ変換を完了させるという選択肢もございます。

当社に期待すること

当社の150名を超えるトランスフォーメーション・コンサルタントの専門知識は、市場標準をはるかに超えています。データおよびデータ構造に関する幅広い知識に加えて、当社のコンサルタントはSAPのプロセスとアプリケーションの専門家でもあります。これらの知識を活用し、機能的・技術的な観点から最適な方法を特定し、スムーズな移行を実現します。
home/Software/Lösungen/cbs ET
当社は専門的な導入コンサルタントとして、最小限の介入で変革プロジェクトを持続的に加速し、日々の業務に支障をきたすことなく、また多額のカットオーバー費用をかけずに、迅速かつ確実に実施する方法を紹介します。
SAP ソフトウェアを使用する企業は、しばしば確立された構造、プロセス、および IT システムの最適化という課題に直面しています。cbsが提供する様々なソリューションは、プロセス、データ、およびシステム環境を標準化、ハーモナイズ、統合するまでの道のりを大幅に短縮することが可能です。cbs は、従来の方法では実現不可能なプロジェクトの技術的・経済的な実現性を確保し、適正な時間内での実行を支援します。

導入事例

ヴィースマン

ドイツ北ヘッセン州アレンドルフ(エーデル)に本社を置く世界有数のエネルギーシステムメーカーであるヴィースマングループ(従業員数12,000人、年間売上25億ユーロ)は、SAP S/4HANAを基盤とした全く新しい未来のデジタル・プラットフォームへの移行を完了しました。

サービス内容

SLOトランスフォーメーション・ポートフォリオ – 柔軟な組み合わせとカスタマイズが可能

ビジネスの変革には、通常、プロセスおよびシステム環境の迅速な変更が必要です。cbsが提供する包括的なソリューションにより、お客様は迅速、安全、かつ柔軟な方法でSAPシステムランドスケープを統合することができます。
カーブアウト(会社分割・分社化)は、IT部門にとって稀なことではありますが、時間的な制約のある課題です。カーブアウトを決められた期間内に、ビジネスのニーズに沿って完了させることは非常に困難であり、だからこそ、この分野で数十年の経験を持つパートナーを見つけることがより重要なのです。
データ移行は、グローバルなSAPロールアウトプログラムにとって重要なポイントです。データの移行は、多くのシステムから迅速かつ信頼性の高い形で並行して行われ、その後変換され、整合性が保たれなければなりません。cbs は長年にわたり、標準化されたアプローチと独自の標準ソフトウェア Enterprise Transformer® を使用して、この種のプロジェクトをマスターしてきました。
多くの組織改革は、SAPのツールでは実施できないか、かなりの労力を必要とします。当社はSAPソフトウェアによる変革プロジェクト実施の専門コンサルタントとして、組織変更とデータのハーモナイゼーションを継続的に実施し、同時に業務部門が業務に支障なく継続できるよう支援します。
変換ソフトウェアがなければ、勘定科目のハーモナイゼーションは、ほとんど不可能な作業に見えます。変換ソフトウェアを使用すると簡単にできます。しかし、勘定科目の会計管理機能を念頭に置き、ハーモナイゼーションが単なるマッピング作業とは考えないことが重要です。さもなければ、その複雑さに圧倒されてしまうでしょう。当社は変換プロセスの技術的側面を考慮するだけでなく、プロセスへの影響も常に考慮し、ハーモナイズされた会計へのスムーズな移行を保証します。
管理会計領域の変革は、通常、グローバルな事業であり、その中で技術的な変革はごく一部に過ぎません。cbs は、お客様のニーズに合わせたスムーズな移行を支援する専門知識を備えています。当社は変革がお客様のビジネスプロセスや組織単位にどのような影響を与えるかを慎重に分析し、技術とプロセスの両面から新しい管理会計の世界へスムーズに移行できるようにします。
SAP新総勘定元帳は、単に通り一遍に導入することはできません。FI/COのプロセスやSAPシステムの統合モジュールに大きく依存します。当社は厳格な移行シナリオではなく、お客様固有の要件に沿った柔軟なソリューションを提供し、標準ソフトウェアであるcbs ET Enterprise Transformer®を使用して、年度内の稼動や過去データの変換など、プロジェクト全体を通して包括的にサポートします。

データベースを利用したデータ変換の実例(SLO)

標準ソフトウェア cbs Enterprise Transformer® は、SAP データベース内で直接データ変換を行います。従来の移行ツールとは異なり、技術的な制約がありません。したがって、企業の全データ履歴を変換し、必要に応じて変更することが可能です。また、従来のように年度に依存しないため、データ変換の時期を自由に選択することができます。ダウンタイムがほとんどないため、業務に支障をきたすことはありません。データ変換のためのダウンタイムは、1~2日から数時間に短縮されます。

お問合せ先

詳細なご相談は、もちろん個別にお受けしております。お問い合わせください。

Yee Peng Nah
Senior Manager