Suchbegriff eingeben:

S/4HANA新規導入(グリーンフィールド)

SAP S/4HANAは、企業全体のデジタル化において欠かすことのできない役割を担っています。多くの企業がすでにSAPのインテリジェント・エンタープライズに向けたこのステップを踏み出した一方で、まだ計画中や事前検討段階にある企業もあります。このようなプロジェクトに取り組み、S/4への移行を最大限に活用する理由はたくさんあります。SAPのお客様は皆、同じような課題に直面しているのです。

お客様の課題

SAP ERP 2027年末のメンテナンス終了

SAPは、2027年のERPビジネススイート終了のためメンテナンスを終了します。

旧式の複雑なERP

旧式で複雑な構造を持つERPシステムは、透明性が失われています。

ビジネスとITの連携不足

ビジネスとITの推進要因やニーズが異なると、摩擦が生じ、非効率になり、プロジェクトが滞ります。

スキルのある人材や専門知識が不足

さらなる取り組みは社内では到底できません。S/4の経験が不足しています。

ガートナーでは、2021年から2023年にかけてS/4HANAの導入が津波的に進むと予測しており、スキルのある人材が不足するため、導入コストが上昇する可能性があるとしています。
ガートナー社リサーチ
S/4HANAへの移行を検討する際にお客様が知っておくべきこと

未来へ向けて確実に

グリーンフィールド・アプローチでは、企業向けにS/4HANAの全く新しい実装を設計し、産業界の企業が将来にわたって安心して利用できるプロセス風景のための持続的な基盤を構築します

現状

企業内のプロセスやシステムのランドスケープが異種混在し、成長。

ONE目標像

S/4HANA再インプリメンテーションは、ハーモナイゼーションされたソリューションを提供します。

標準化されたベストプラクティス・プロセス
グローバル・ガバナンス
ビジネス指向のアプローチ
グローバル・テンプレート
グローバル・ロールアウト・プログラム

新規導入のメリット

あらゆるビジネスニーズに対応できる革新的な次世代SAPシステムで、デジタル化への大きな一歩を踏み出します。
お客様のビジネスにおけるベストプラクティスと標準化されたソリューションから始めましょう。
SAPが提供する最新機能を備えたS/4環境での包括的な再起動により、最先端のプロセスを開発することができます
ビジネスユーザーとITオペレーターが最初から一緒になって望ましいゴールを目指すのです。

cbsによる新規導入

最適化されたプロセス設計

ファースト・バリュー・パフォーマンスを実現するために、システムが実際のビジネスプロセスをサポートすることを保証します。

実績ある方法論 M-cbs

持続可能なグローバルSAPテンプレート構築のためのベストプラクティス・メソドロジー。

エンドツーエンドのプロセスノウハウ

S/4HANAの新規導入や戦略的なS/4移行プロジェクトにおいて、市場をリードする専門知識を提供します。

データに関する専門知識

25年以上にわたる2,000件超のプロジェクトを通じて、SAPおよび非SAPシステムからのデータ移行に関する豊富なノウハウがあります。

加速するプロジェクトアプローチ

ベストプラクティスからスタートして最初から優位に立ち、実績ある手法を積み上げています。

S/4HANA新規導入の実績

ご担当者様お問い合わせ先

詳細なアドバイスについては、個別にお手伝いさせていただくことも可能です。お問い合わせください。

Yee Peng Nah
Senior Manager