Suchbegriff eingeben:

トランスフォーメーションシナリオ

包括的な導入、カスタマイズされた変革

複雑で、予測不可能、高額で、リスクが高く、終わりがない – 変革は必ずしも容易ではありません。具体的な目標像を導き出すのは困難です。プロジェクトは、細かい部分で失敗したり、技術的な実現可能性が低かったり、目に見えるビジネス上のメリットがなかったりします。組織、ビジネスプロセス、ITシステム、データなど、さまざまなレベルで、ある種の変革が日常業務となっています。

そのシナリオは、合併、カーブアウト、組織再編、複雑なデータ移行、データのハーモナイゼーションなど多岐にわたります。SAP環境では、オンプレミスでもクラウドでもS/4HANAが目の前にあります。cbsは、これらのすべてのシナリオでお客様をサポートします。

システム-マージ SAPシステムの統合

ビジネスの変革は、プロセスやシステム環境の迅速な適応によって促進されます。グローバルな規模での大規模プロジェクトには、包括的な導入戦略が必要です。IT アーキテクチャの実装には、複雑な全体プログラム管理が必要です。cbs は、実績あるソリューションにより、SAP アプリケーションと ERP システムを柔軟かつ短期間に統合します。

カーブアウト / カーブイン

IT部門にとって、ビジネス要件に沿ったプロセスやシステム環境の拡張と統合を、予定された期間内に成功させることは、難しい課題です。そのためには、技術的、機能的、プロジェクト管理的なサポートを提供できる経験豊富なパートナーを持つことが重要です。当社は、プロセス、システム、データに関するエンドツーエンドの設計専門知識を提供します。

  • 当社のトランスフォーメーションソフトウェアは、IT部門に柔軟かつ短期的な解決策を提供し、過去に遡ってのスピンオフなど、柔軟なシナリオが可能です。
  • コンセプトから実行までサポート:プロジェクトの計画、タイミング、システム戦略、そしてもちろんプロジェクトの技術的な実行
  • プロセスやドキュメントチェーンの連続性を確保することで、ビジネス部門への影響を最小限に抑える – ビジネスプロセスの必要な調整(例:企業内、企業間)に対して適切な回答を提供することができます。

パシフィック・ドリリング社のカーブアウトにおける工場再配置のお客様向け資料

パシフィック・ドリリングは、海洋深層水の掘削と石油探査を行う企業で、最新式の海洋掘削船7隻を所有し、世界で最も新しく、技術的に進んだドリルシップ船団の1つを運航しており、世界各地と契約しています。

同社は現在、自動化されたソフトウェア主導の移行に伴う保証を、より短時間で提供するための枠組みを備えています。「すべてがうまくいき、実際の移行が非常にスムーズに行われたことに非常に感銘を受けました。プロジェクトは予定通り、予算内で完了しました」とパシフィック・ドリリングのSAPアプリケーション担当シニア・マネージャー、マイケル・ラウバー氏は言います。「今では、より効率的にプラントの再配置を実行できるソリューションを手に入れ、他のより重要なタスクに集中できるようになりました」と述べています。

オンデマンドウェビナー – 今すぐ参加可能

SAPカーブアウトを円滑かつ効果的に実施することは、M&Aの成功に不可欠です。M&Aはビジネスによって推進され、納品時までITはほとんど関与しません。SAPプロジェクトに携わったことがある方なら、これがなぜ問題なのかをご存知でしょう。

この30分間のオンデマンドウェ・ビナーでは、SAPカーブアウトとは何か、カーブアウトのシナリオの選択肢、そしてパシフィック・ドリリング社の成功事例をご紹介します。

SAPの組織とデータの再構築

部門の組織変更は、社内のリソースではSAPシステムにスムーズにマッピングできないことが多くあります。当社は業務の中断を最小限に抑えながら、継続的に組織とデータをハーモナイズさせます。トランスフォーメーション・コンサルタントとして、SAPのプロセスや構造変更に関する技術的なソリューションとビジネスノウハウを組み合わせて、強力な実装スキルを提供します。

  • SLOのアプローチとツールにより、SAPシステムにおける組織変更のマッピングを行います。
  • 構造、プロセス、データ、レポートの最適化、ハーモナイゼーション、エンドツーエンドの変換(勘定科目表、原価計算/企業コード、利益センター、材料タイプ/材料グループ、顧客/サプライヤーマスター、購買/販売組織、流通チャネル)。
  • プロジェクトの加速による高品質で監査に耐えうる変換(コンプライアンス) – 時間、労力、コストを節約します。

SAPおよび未対応システムからの工業用データ移行

SAP工業分野のお客様にとって、グローバル・ロールアウト・プログラムは世界中に散らばる拠点を統一されたSAP標準に統合するためのものです。重要な成功要因はデータ移行で、多数の非 SAP システムと SAP システムから本番のSAP ソリューションに迅速かつ安全にデータを変換してハーモナイズさせることです。一貫したテンプレート アプローチと革新的なソフトウェア cbs ET Enterprise Transformer® は、このようなデータ移行のための完全なソリューションとして不可欠です。

  • 移行という観点からプログラム全体を調整し、データ移行に必要な標準を早い段階で作成します。
  • 適切な移行アプローチにより、変化する要件への対応力と柔軟性が向上します。統一された品質基準は、グローバル展開のプロジェクトに活かされます。
  • 同じ手順とツールを使用することにより、エンドツーエンドのテンプレートで相乗効果を実現 – 並行プロジェクトの数はほぼ自由に拡張可能
「cbs ET Enterprise Transformer® は、データを変換するためのエンジンです。その巨大な機能と範囲は、顧客の毎日の生活を容易にしてくれます」
ファーン・ベー(Fern Fern Beh)
cbs APAC シニアマネージャー

財務と管理会計におけるハーモナイゼーション

変換ソフトウェアがなければ、勘定科目表や管理領域のハーモナイゼーションを管理することは困難です。また、ハーモナイゼーションは単なる技術的なマッピング作業ではありません。当社は技術的な視点に加え、ビジネスプロセスの視点から変革を理解し、財務・管理プロセスの調和に向けたスムーズな移行を設計します。

  • ビジネスとITのノウハウを活かし、異なる管理領域や勘定科目を統合した場合の効果を評価します(CO統合、税額決定、未決済勘定科目/明細管理、フィールドステータスグループなどの機能のハーモナイズ)。
  • トランスフォーメーションのための前提条件を決定します。
  • 可能な限り最小限の介入で、進行中の業務を中断することなく、新しいストラクチャへの変換を実行します。
  • cbs ET Enterprise Transformer® を使用して、正確な変換範囲(選択された企業コード、全勘定表/管理領域など)を共同で決定します。
  • ワンステップで目標を達成します。複数の変換(勘定科目表、管理領域、事業会社合併、新総勘定元帳) と、さらなる特性(支払条件、管理キー、文書タイプ、原価センター、利益センター)の 追加変換の可能性を組み合わせることによって実現します。
  • 変換日は、お客様のご要望に応じて柔軟に設定いたします。年度途中、月途中、年度変更時など、お客様のご要望に応じて柔軟に対応いたします。

SAP新総勘定元帳の移行

SAPの新総勘定元帳は、単独で導入できるものではありません。SAPシステムの統合モジュールだけでなく、財務や管理部門のプロセスにも高い依存性があります。当社は画一的な移行シナリオではなく、お客様固有の要件に応じた柔軟なソリューションを提供し、プロジェクト全体を通じて産業界のお客様を総合的にサポートします。過去のデータの変換と年度内の稼動には、革新的なソフトウェアcbs ET Enterprise Transformer®を使用しています。

お問い合わせ先

詳細なご相談はもちろんのこと、個別にお手伝いさせていただくことも可能です。お問い合わせください。

Holger Bock
Managing Director / cbs Asia-Pacific